淡墨桜と飛騨高山、白川郷
片道600キロのバスの旅行って参りました。ドライバー2名で交代しながらの運転でしたので安心して。。。そしてトイレ付きバスでしたから^。^(北海道旅行ではU&T君困りましたものね)
でも「なるべく使わないで下さい」とクギをさされみんなムッ!!!だってツアー名が“大人の特選旅!淡墨桜、飛騨高山、白川郷トイレ付きバスで行く!下呂温泉の高級旅館”でしたから・・・呑みたい人も飲まずの旅行になりました。出だしからトイレの話では申し訳ありませんので、撮っておきの美しい画像をどうぞ^。^
b0024439_9581419.jpg

b0024439_9585333.jpgb0024439_9592616.jpg
旅費も払わずそこで見ているあ・な・た・得した気分になりませんか?樹齢1500年以上だそうです。昭和23年に接木をして現在まで咲き続けています・・ってツアコンの説明に感動し、堪能した後は下呂温泉へ。ここは義母が生前に「下呂温泉に行きたい、行きたい」と言っておりました所で、連れて行ってあげる事も出来ず、親不孝したとず~っと気になっていました。そんな訳で老舗宿小川屋に到着した時“お義母さんやっと来れましたよ”と心でつぶやき
ちょっぴり感傷的に・・・
と、その時「部屋割りです。705と605のお客様だけ、係りの人が案内しますのでこちらに来て下さい」 渡されていた用紙に705とあるではありませんか???家だ!!もしかして旧館の方に???ついてない^^;
仲居さんに着いて歩き出すと添乗員から「それなりに」とこっそり。。。それなり?それなりに?・・・・
通された部屋はランクアップの景観荘・民芸風でした。若女将の挨拶とお茶のおもてなし付き
b0024439_10312432.jpgb0024439_10315320.jpg
飛騨家具に統一された特別室。入り口も格子戸で写真撮り損ねましたけれど、とても素敵なお部屋でした。下呂に来させて下さった、お義母さんのお陰でしょうか^。^なぜかこの日はお義母さんと一緒に居るような気がして。。。
火鉢のテーブルも可愛いでしょ?うさぎのゴトク。お風呂上りのビールも一味違って美味しかった。温泉は最高。いままでの温泉で一番好きかも?しっとりツルツル、草津より私は下呂温泉が好きになりました。
2日目高山の朝市
b0024439_10465314.jpgb0024439_1047157.jpg
古い町並も素敵。運良く高山祭りを来週に控えての準備て゜しょうか?山車を見る事も出来ました。「お祭り本番では、とてもこんな近くで写真撮る事も出来ませんよ」と地元の方に聞き、またまたラッキーb0024439_10514922.jpgb0024439_10531326.jpg
町並もゆっくり散策してみたい、でも時間もない。ツァーの宿命。
いつか又来てみたい高山で(さるぼぼ)という可愛いお人形を見つけました。さるぼぼとは災難を取りさるとか、魔よけとか、お守りと言ってました。
欲しい方限定三個ありますので手を上げて下さいね 
高山を後にして一路白川郷へ
b0024439_114915.jpgb0024439_1143051.jpg
雪景色を想像してましたが、残念。暖冬で雪も降らずに奥飛騨のダムもカラッカラ
 
「今年の夏は水不足になりますから、お水をこの時期買いだめしておくと良いかも知れませんね」と添乗員さん。。
本当にそうかも^^;
合掌造りの民家、現在も生活をしています。写真を撮るのに「あのお洗濯物が邪魔だ」の、「そこに置いてある車が邪魔だ」の勝手な事を言いながら、わがままな旅人が沢山散策してました。私達もその一人。
毎日毎日、家の前をぞろぞろ歩かれていては、落ち着かないでしょうね。最後に全景とまではいきませんが、のどかな風景をどうぞ・・・
b0024439_1122156.jpg

ここから又500キロ以上バスに揺られて帰って帰ってきました。
[PR]
by sakura-santa | 2007-04-08 10:40 | ビタミン

私の栄養剤について書きます
by sakura-santa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31